すっきりレッドスムージーの効果的な飲み方

すっきりレッドスムージーの効果的な飲み方

スムージーの効果的に飲むためには2つの点に気を付ける必要があります。

 

1つはスムージーの材料、もう1つはスムージーと合わせる食事と時間帯になります。まずスムージーの材料になりますが基本的には野菜や果物を混ぜ込むと思いますがその時の選択によって栄養成分は大きく変わります。そもそもスムージーに期待する栄養成分っていうのは主にビタミンミネラルと食物繊維になります。この中で食物繊維に関しては野菜にしろ果物にしろ豊富に含んでいるのでそんなに気にすることはないと思います。一方、ビタミンやミネラルは種類によって大きく成分が異なります。

 

まず野菜については緑黄色野菜と淡色野菜に分類されます。これは見た目ではなく含まれているカロテンの量で分類されており多いものが緑黄色野菜となります。また緑黄色野菜はカロテンだけでなくビタミンC、ビタミンK、葉酸、ミネラルも豊富になります。

 

緑黄色野菜は人参・ほうれん草・カボチャ・ピーマンなどになるのでこれらの野菜をふんだんに入れたスムージーにすれば非常に効果的です。またカロテンやビタミンKは脂溶性ビタミンになりますのでそのまま摂取しても吸収率が悪く、効率が良くないです。なので出来上がったスムージーに大さじ1杯のオリーブオイルを混合するか別途一緒に取ることで吸収率が格段にアップします。ほかの油脂でもいいですが風味や味で格段に劣るのでオリーブ油が最適だと思われます。次にもう一つのポイントとして挙げた食べる相手です。皆さんはスムージーだけ飲んでほかの食べ物を食べないと

 

かしていませんか?スムージーを完全食品(エネルギーからたんぱく質など様々な栄養素を補給できる食品)と考えている人が非常に多いです。そもそもスムージーでは先ほど言ったビタミンミネラルと食物繊維以外はほとんどとれません。

 

(材料に果物を入れていれば多少のエネルギーは取れますが)なので炭水化物・たんぱく質・脂質は別途摂ることをお勧めします。時間がない時にはこれらを一緒に取れるサンドイッチなどがお勧めです。おにぎり単品ではタンパク質がとりにくいのでなるべくサンドイッチにしましょう。サンドイッチと一緒にスムージーを取ることで5大栄養素と呼ばれる炭水化物・たんぱく質・脂質・ビタミン・ミネラルを余すことなく摂取することができます。最後にスムージーの摂取する時間帯は何時でも構いませんが、気軽に

 

素早くこれらの栄養素を摂取するという観点から考えると朝食に取ることが最も有効かもしれません。

 

 

トップページへ戻る。

page top