>

悩みに合った占いを探す方法

世の中の占いにはどんな種類があるのか

まずおおまかに分けられるのが、東洋占術と西洋占術です。
西洋の占術には、星占いやタロット、数秘術などが挙げられます。
東洋の占術には四柱推命や姓名判断、風水などが一般的に知られているのではないでしょうか。

西洋占術はその名の通り、ヨーロッパで生まれ発展してきたもので、瞬間的な考え方が元になっているそうです。

それに対して、東洋占術は主に中国で生まれ発展してきたものを指していて、繰り返される運命があるという考えが元になっていると言われています。

このように大まかにわけてみましたが、大本の考え方の違いからも自分の今の悩みや占いたい内容によって、選ぶ占いがざっくりではありますが選ぶことができてくるのではないでしょうか。

占いには得意不得意があるのか

得意不得意といっても、占う人の得意不得意ではありません。
その占う方法と内容が合っているかどうか、相性のようなものがあり、またひとつの占いで何でもかんでも占えるということでもないようです。

占いには命、ト、相というものにざっくりと分けることができます。

命は命術といって、定められた運命のような不変な事柄を占うものです。
トはト術。
こちらは逆に特定せずに質問の内容に対して占うような、直近の悩みなどに対して占うことに適しているそうです。
相は相術といって、名の通り手相や家相など形から占う事を指します。

こちらでは、大きく3つに分けてみましたが、西洋と東洋、それから命、ト、相に分けていくと、どのような占いを選べば今の悩み、これからの自分に対して等、沢山ある占いの中から選ぶ基準が生まれるのではないでしょうか。


この記事をシェアする